40代でモテる女性の特徴|全然モテない女性との違い

40代でも「なぜか」モテる女性っていますよね。その反面、ルックスやスタイルも悪くないのになぜかモテない40代女性もいます。この2人の違いはなんなのでしょうか。

40代でモテている女性は、「これからもずっとモテる」可能性が極めて高いです。つまり「死ぬまでずっとモテる」のです。50代になっても60代になっても。

モテないよりかはモテるほうが人生は楽しくなりますよね。

それでは40代でモテる女性の共通する特徴とモテない女性との違いをご紹介します。
40代でモテる女性

40代でモテる女性の特徴

40代でモテる女性には「共通の」特徴があります。どのような人がモテるのかを押さえることができたら、40代からでも十分モテることはできます。

何もしなくてもモテる時代(20代)は過ぎているので、自分から行動するしかありません。

40代になると「モテる女性」と「モテない女性」の2極化が進むので、モテる女性はめちゃくちゃモテます。その代わりモテない女性は「全く」モテなくなり、男性からは女性としても見られなくなります。

ちなみに「子供がいる」とか「独身」とかは関係ありません。モテる人はモテます。

品がある

品がある40代女性
40代でもモテる女性が持っている一番の共通点が「上品」ということです。20代のころまでは、品がなくても「それが逆に可愛い」となることもありますが、40代で「ちょーウケるんですけどwww」と言っていると、「よっぽどの美人でない限り」かなりキツいです。

ただ普通の一般の40代の女性の場合、そこそこルックスやスタイルが良くても「品がなかったらモテない」です。

簡単に言えば、40代の女性にはっちゃけた感じは求めていないのです。

これは40代の男性にも当てはまりますよね。40代の男性には「落ち着き」を求めるのではないでしょうか。20代男性のように「うぇぇい!www」と大学生の飲み会のように盛り上がっている40代男性はキツイですよね。そういうことです。

日本人女性のなかで品があるといえば「吉永小百合」ではないでしょうか。もう品の塊ですよね。

吉永小百合は現在70歳を超えていますが、20代の男性でも「吉永小百合は全然あり!」という人はいます。それぐらい「品」は強いです。

それに20代女性の品の良さと40代女性の品の良さは少し違いますよね。

20代女性の場合は、「品の良さ」はそこまで求められません。ただ40代女性になると「品の良さ」の重要度は上がります。やはりある程度の知性や教養も必要になります。

例えばテレビでも「おバカタレントの女性」はいますが、圧倒的に20代か10代の若い女性が多いです。それは当然です。40代女性がおバカだと「今まで何してたんだ・・・」となるため、40代女性がおバカな解答をしても「笑えない」のです。

40代でモテる女性の特徴として一番大きいのが「品の良さ」です。

姿勢が良い

姿勢が良い女性
具体的な立ち振る舞いを見ても、モテる女性とモテない女性の違いはあります。モテない40代女性は「猫背」になっていることが多いです。

背中が丸まっているため行儀が悪く見えます。よく電車のなかでも浅く腰を掛けて座っている人がいますが、あのイメージです。

また歩いているときの姿勢も大事です。背筋を伸ばした状態でキレイにあるくだけで、「見え方」が全然違ってきます。

モテない女性の歩き方は「お相撲さんの土俵入り」のような歩き方です。「完全にガリ股」であるいている40代女性もいます。

歩く姿勢と座っている姿勢はものすごく基本的なことですが、40代でモテる女性ほどキレイた立ち振る舞いをします。

髪の毛に張りがある

髪の毛にハリがある40代女性
外見的な要素では、スタイルが崩れ過ぎていないということもありますが、「髪の毛の張り」も大切です。

40代でモテない女性の場合は「パッサパサ」の髪の毛をしています。キューティクルが全くありません。長年何の手入れもしていないのが丸わかりの髪質をしています。

ひどい場合だと「ヤマンバ」のように髪の毛がまとまりなく広がっている人もいますよね。

それが40代のモテる女性の髪を見てみると、「張り」があります。単純に髪が若々しいのです。

髪が若々しいと「特に後ろ姿」が違ってきます。後ろ姿だけ見ると20代後半から30代前半ぐらいに見えるのです。髪は目につきやすい身体の部分なので、モテる女性ほど気を使っています。

オバちゃん感がない

清楚な40代女性
40代のモテない女性で多いのが「自分で勝手にオバちゃん感を出している」ことです。このタイプの女性は意外と多いですよね。

「もう40代だから・・・」と予防線をバッチリ張っている女性。

このようにバッチリ予防線を張ることで「モテないことを正当化」しようとしています。

逆に40代でもモテる女性は「オバちゃん感」がありません。1人の女性としている感じです。オバちゃん感が出てくると、どうしても「実家の母親」のように見えるので、女性として見れなくなります。

やたら大きな口を上げて「やあだぁ!!もう!!アハハハ!と笑っている姿を見ると、「オバちゃん全開ですね」とモテなくなります。

多少男っぽさもある

男っぽい40代女性
40代になっても、いわゆる「ガーリー」な女性はモテまさせん。ピンク色のものが好きだったり、ひらひらした服を着たりしていると「キツイ」と感じてしまうのです。

要は「年齢に合ってない」のです。20代の女性だとガーリーな雰囲気の女性がモテますが、40代で同じような雰囲気だとモテません。

それよりも「多少、男っぽさ」のある女性のほうがモテます。仕事の話をしていても「男の気持ちを分かっている」という感覚を持っている女性のほうがモテます。

40代の女性はこれまでにもさまざまな経験をしているハズなので、多少男っぽい雰囲気があったほうが「現実的」な感じがします。

それに男っぽい性格の40代女性のほうが「なんかイケそうな気がするー」と思います。つまり「そういうこと」があっても、これまで通り普通に仕事をしたり生活に支障をきたすことがない雰囲気があります。

これが40代でガーリーな女性だと「絶対に重い」と感じてしまうため、男は敬遠します。

趣味で茶道やヨガをしている

ヨガをしている女性
最後は、40代のモテる女性がしている「習い事」です。モテない40代の女性はそもそも「習い事をしていない」ことも多いです。

例えば、会社で雑談しているときに40代の女性が「この前の木曜日は茶道に行ってて」というと「男は明らかに食いつきます」よね。

「え?茶道やってるの?」と。

また「茶道」というのも絶妙で、「よく分からないけど、何か品があるイメージ」なのです。落ち着いている雰囲気の趣味をしていると男性からの評判は良いです。定番ですが「料理教室」とか。

さらに身体を動かす「ヨガ」もモテる40代女性はしています。ジムに行くと、大概はヨガのクラスはありますよね。そういったところでヨガを受けてみるのもありです。

40代女性が「ヨガに行っている」というのを聞くだけでも「確実にモテ要素」になります。少なくとも「身体のメンテナンスに気を使っているんだな」というのが分かります。

つまり茶道でもヨガでも、またはランニングでも良いのですが、「モテる女性は自分を向上させるための何かをしている」のです。

家に帰ってチョコレート食べながらテレビを見て「わはは」と笑っているだけではモテません。

タイトルとURLをコピーしました