メンヘラとヤンデレの違いを分かりやすく解説【特徴】

「メンヘラ」と「ヤンデレ」の違いについて、「同じようなもの」と考えている人も多いのではないでしょうか。大きなくくり「ちょっとメンタルに問題がある人」という面では確かにそうですが、もう少し細かくみると結構違います。

この記事ではメンヘラとヤンデレの違いについて分かりやすくお伝えします。

メンヘラとヤンデレの意味

それではまず、メンヘラとヤンデレの言葉の意味を見ていきましょう。それぞれの言葉がどのような意味を持っているのかを知ることで大まかなイメージをつかみます。

メンヘラ・ヤンデレ女子

メンヘラとは

「心に何かしらの問題を抱えている人」というような意味合いで用いられている通俗的な表現(インターネットスラング)。メンタルヘルス(精神衛生)を略して「メンヘル」と呼び、さらに英語の接尾辞 -er を加えて「メンヘルな人」という意味を加えた言い方と解釈される。
引用:weblio

メンヘラは有名な言葉で、「メンタルヘルス(mental health)」の語尾に「er」を付けた表現です。「プレイヤー(player)」などと同じ感覚ですよね。

またメンヘラはどちらかといえば「女性に使われることが多い言葉」です。いわゆる「かまってちゃん」と呼ばれる状態のことを言います。

恋愛の場面で使用されることが多い言葉でもあります。

ヤンデレとは

「病んでる」と「デレ」の合成語であり[1]、広義には、精神的に病んだ状態にありつつ他のキャラクターに愛情を表現する様子を指す。
引用:ウィキペディア

ヤンデレは「病んでる」ぐらいに「デレデレ」している状態のことで、ぎゅっとまとめて「ヤンデレ」という意味になります。

「ヤンチャ」の「デレデレ」ではないことに注意が必要になります。

ヤンデレも恋愛のときに使用する言葉で、主に「女性に向けて」使われます。ヤンデレの意味合いとしては「良く言えば一途」とも言えます。

つまり彼氏や旦那だけに好かれればあとはどうでもいいといった状態です。

メンヘラの特徴

メンヘラの特徴としてはまず「かまってもらいたい」というのが一番大きいです。「誰でもいいから」自分のことをかまってもらいという特徴があります。

そのため「極度の寂しがり屋」とも言えます。1人でいると孤独感を感じやすく、精神的に不安定な状態になります。

また自己評価が低いため、他人からの評価や視線を異常に気にするようになります。そのため「誰からもかまってもらえない状態」になると、もともと低い自己評価だけでは自分の精神的なバランスを取ることができずに、他人へと依存します。

他人への依存の方法には、精神的・身体的に「自傷行為」を伴うことが多いです。他人から求められ・認められることで自分の存在をようやく確認できる状態で、精神的に自己形成ができていない若い世代に多く見られます。

TwitterなどのSNSでメンヘラの人は「誰かとつながりたい」というハッシュタグをつけることが多いです。この「だれかとつながりたい」という言葉にメンヘラの人の特徴が詰まっていますよね。
Twitterに書き込むメンヘラ女子

ヤンデレの特徴

ヤンデレの特徴としては「周りが見えなくなるぐらい」彼氏・旦那のことが好きになっている状態のことをいいます。

ただ単に「好き」ではなく「病的に好き」な状態で、彼氏・旦那に強く依存します。そのためヤンデレの人はTwitterで「誰かとつながりたい」というハッシュタグをつけて投稿しません。

つまり「誰か」とつながりたいのではなく「相手が決まっている(彼氏・旦那)」のです。

ヤンデレの人は「良く言えば一途」となりますが、病的に相手のことが好きなため、彼氏や旦那に嫌われるのを極度に怖がります。

さらに嫉妬や妬みの感情も強く、彼氏や旦那の「浮気などはもってのほか」です。ただ浮気を見つけても相手に指摘すると「自分が捨てられる可能性もある」ためなかなか相手に言い出せない人もいます。

ヤンデレの人も自己評価が低い状態です。自分よりも「彼氏や旦那を異常に優先する」傾向があります。

そのため彼氏・旦那の気を引くために、精神的・身体的な「自傷行為」につながる行為をすることもあります。

メンヘラとヤンデレの違いまとめ

ヤンデレ女子
メンヘラとヤンデレの違いを箇条書きでまとめます。

  • メンヘラは「誰かに」かまってもらいたい。ヤンデレは「彼氏・旦那に」かまってもらいたい
  • メンヘラはTwitterなど不特定多数がいる場所に多いが、ヤンデレはTwitterにはいない

上記の2点が主なメンヘラとヤンデレの違いです。分かりやすく言えば「かまってもらいたい相手が誰か」によってメンヘラかヤンデレかの違いがあります。

またメンヘラのほうが有名なのは「Twitterなど不特定多数が見える環境にメンヘラが出てくるから」です。「誰かに」かまってほしいメンヘラの人にはTwitterなどのSNSは最高のツールです。自分の低い承認欲求を手軽に満たすことができます。

ただよく見ると「メンヘラとヤンデレは共通している部分も多い」ことが分かります。

  • 他人に強く依存している
  • 自己評価が低い
  • 承認欲求が強い
  • 精神的・身体的な自傷行為をする
  • 精神的に非常に不安定である

上記のように「かぶる」部分も多いです。そのためメンヘラとヤンデレは根本的には同じような問題を抱えています。

・関連記事:自己評価が低い人の特徴【改善法】

メンヘラとヤンデレの対処法

それでは実際に自分がメンヘラ・ヤンデレの人の付き合ったり何らかの関係がある場合の対処法です。メンヘラやヤンデレの人は「精神的に不安定」なため、慎重に対処する必要があります。

メンヘラの対処法

メンヘラの人への対処法としてはまず「あまり深く関わらない」ほうがいいです。メンヘラの人は「誰かに」かまってほしいと考えているため、「常に」誰かを求めている状態です。

そのためそれなりの距離感を取って接するのが一番です。

メンヘラの人に近づき過ぎると「こちらが振り回される」ので疲れます。緩やかなに距離を取りつつ、適切なタイミングで病院を勧めるのが一番です。

メンタルがやられているので、専門家に診断してもらって治療する必要があります。一般人が他人の風邪を治せないと同じように、メンヘラも一般人がどうこうできる問題ではありません。

なるべく早く病院に行くようにやんわり勧めるのが最も効果的です。

ヤンデレの対処法

ヤンデレの場合は対処が難しいです。なぜならヤンデレで対処しないといけないのは「現在ヤンデレの人と付き合っている状態の人」だからです。

メンヘラの場合は「不特定多数にかまってもらいたい」という精神状態なので、まだメンヘラの近くにいる人も気持ちは比較的ラクです。

ただヤンデレの場合は「がっつり自分に好意が向いている状態」なので、細心の注意が必要になります。

判断を間違うと、相手にもダイレクトに伝わるので「下手するとこちらにも被害が出る」可能性もあります。ヤンデレへの対処法としては

「相手からの自分の評価を落とす」か「相手自身の評価を上げてもらうしかない」です。

上記の2つのうち「相手に自己評価を上げてもらう」のは、自分ではどうしようもありません。そのため「自分の評価を落とす」方法を取りましょう。

ヤンデレの相手から見て「病気からも覚めるように」自分への評価を下げる努力をします。簡単にいえば、「相手から好かれなくする」ということです。

今まで相手は自分のどんなところが好きだったのかを分析して、「それと逆の対応」をします。するとヤンデレも徐々に「病んでいる状態から目を覚ます」こともあります。

ヤンデレの人は「切り替えも早い」です。自分への好意がなくなると、「バッサリ関係を断ち切る」ことがあるので、なるべく緩やかに相手から嫌われるように持っていきましょう。

自分がメンヘラ・ヤンデレかも・・・という場合

もし「自分はメンヘラ・ヤンデレかもしれない」という人がいたら、まずは「自己評価を高めるように」しましょう。

自己評価を「自分が勝手に低くしている」と他人への依存が強くなるので、どんな小さなことでも何かを達成したら「自分を褒める・認める」ようにします。朝起きたら、「よし!きょうも起きたぞ!」と褒めます。そして寝る前には「きょうもなんだかんだあったけど、よく生き抜いた!」と褒めるといった具合です。

それが自分1人ではできないこともあるので、そういうときは「専門の病院へ行く」ようにしてください。

風邪と同じように専門の病院へ行くことで、気分が変わることもあります。まずは自分だけの力でどうにかしようとせずに、病院に行って治療してもらうことが先決になります。

タイトルとURLをコピーしました