男の嫉妬を甘くみるな!仕事・恋愛編

男の嫉妬を甘く見ていると痛い目に遭います。男の嫉妬は日本海溝よりも深く、水戸納豆よりもネットリした粘着があります。男の嫉妬は時に女性の嫉妬を軽々と越えていくのです。

女々しいどころではありません。男の嫉妬ははっきり言ってガチでウザイです。特に仕事と恋愛で。

男の嫉妬はどういう時に生まれるのか

男の嫉妬は「プライド」「妬み・嫉み」「承認欲求」などさまざまな要素が複雑に絡んで発生します。

女性の場合は特に「恋愛」の部分において嫉妬が出てくるのではないでしょうか。

それが男の場合は、もちろん「恋愛」でも嫉妬しますが、恋愛と同じぐらい「仕事」の場面でも「嫉妬」という感情は生まれやすいです。

男の嫉妬の対象は「彼女・嫁・同僚・上司・部下」など多岐にわたります。

嫉妬深い人は「すべての要素をコンプリート」していることもあります。

嫉妬深い人の特徴

嫉妬深い人の特徴を見ていきます。嫉妬深い人にはそれぞれ特徴があるので、まずはカテゴライズします。

自分に自信がない

男なのに嫉妬ばかりしている人は、自分に対して自信を持っていません。そのため他人や他人の評価に依存することになります。

 

例えば彼女に依存している男の場合は、自分に自信がないので「常に彼女のことが心配」になります。

彼女のことが心配とは聞こえが良いですが、要は「彼女のことを信頼していない」のです。

嫉妬深い人は「食事に行くだけでダメ」という人もいます。これは明らかに異常です。自分の立場に置き換えてみれば分かりますが、女性と一回食事に行っただけで、どうこうなるわけではないですよね。

「適度な心配」なら分かりますが、「明らかに不合理な心配をする男」は自分に自信がないため「彼女は一回食事に行った男と浮気するんじゃないか?」と心配するのです。

相手の男と自分を比べて「自分のほうが相手の男より魅力がないだろう」と自分で気づいてしまっているのです。こういう男が嫉妬深くなります。

自分に自信があれば「彼女は俺のことが好きだろう、たぶん」という自信がどこからか出てきます。そして過度に彼女のことを心配することもありません。

怒りやすい

嫉妬深い人は、自分の感情をコントロールすることができません。そのため自分の感情に振り回されることになります。

冷静に分析・行動できる人なら、嫉妬深くなることはありません。冷静に行動できれば「どのように行動するのが合理的か」というのを客観的に判断することができます。

嫉妬をしていても何も生まれないので、具体的な解決策を探るのが大人としての合理的な行動ですよね。

嫉妬深い人は「直ぐにイライラしたり」感情が非常に不安定です。怒りやすい人は「マイルールがガッチガチに決まっている」ので、自分のルールの中から外れたことに対して非常に不寛容になります。

普通は少しぐらいマイルールと外れていても「まぁ仕方ないか」となりますが、イライラしやすい人は「沸点が異常に低い」ので、マイルールから少しのズレも許すことができません。

粘着質

最後は「粘着質(しつこい)」のも男の嫉妬の特徴です。ネバつき方が半端じゃないのです。納豆なんか目じゃありません。

普通は「嫉妬」という感情が出てきても、そこまで長く続きません。

例えば彼女が一度男と外食をしたのを知ったとしても、一瞬は「マジかよ!」と思っても「まぁ大丈夫だろう」と直ぐに嫉妬という感情は小さくなっていきます。

これが粘着質な人は「ずっと同じテンション」いや「下手すると、徐々に粘着度は上がっている」可能性もあるのです。

つまり最初に彼女が男と食事をしたのを知ったときに感じた嫉妬の感情がそのまま、いやさらに嫉妬が上乗せになっています。

仕事の時の男の嫉妬

男の嫉妬を語るときに「仕事」の場面は避けて通れません。仕事は「男の嫉妬が生まれやすいシチュエーション」なのです。もうバッチリ環境が整っています。

他人から自分の能力を評価されたり、部下が優秀で自分の立場がなかったり、職場で可愛い女の子が同期と付き合ったりと。

男の嫉妬が生まれるのにはしっかりとした土壌が出来上がっています。

一番メンドクサイのは、上司が自分に嫉妬深いときではないでしょうか。この逆はあまりないです。部下から上司に向けて男の嫉妬の感情が生まれることは少ないのです。

そのため職場の男の嫉妬は「部下(同期)に対するもの」がほとんんどです。

そのため嫉妬を向けられている側からすれば「本当にメンドクサイ」と感じます。上司のほうが権限を持っているので、仕事もやりづらくなりますし「出世にも響くのでは・・・」とストレスになります。

このような嫉妬深い上司は「圧倒的に仕事ができない」ことが多く、こちらが普通に仕事をしているだけでも上司を超えるので、嫉妬深い上司からすれば「あいつは許せない!」となります。

上司からの嫉妬には「合理的な理由がない」ことがほとんどです。単純に「自分より仕事ができる」とか「自分より周りから慕われている」といった理由です。

嫉妬深い上司は、「仕事ができない」⇒「部下や同期に仕事の成績を抜かされる」⇒「嫉妬するだけで自分の能力を上げようとしない」⇒「仕事ができない」というように、仕事ができない男の嫉妬ループに陥ります。

合理的な判断ができるなら「嫉妬する前に改善策を考えるべき」なのですが、もともと仕事ができないので「嫉妬する」というよく分からない抽象的なものに飛びつくようになります。

恋愛の時の男の嫉妬

恋愛の時の男の嫉妬は、女性が抱く嫉妬とほとんど同じです。相手の行動を逐一把握しておかないと不安になります。

また異性との会話などを極端に嫌います。

合理的な範囲を超えて制限をしてくる場合は、「少しおかしい」と感じたほうが良いです。

例えば周りに相談してみて、「それは束縛が過ぎるよ」と言われたら、素直にその意見を聞いたほうが良いです。恋愛しているときは特に「恋という病にかかっている状態」なので、正常で冷静な判断ができません。

ただ「相思相愛的に」そういう「束縛するのが好きなカップル」の場合は、どうぞそのままお進みください。

世の中には「束縛したい」という人と「束縛されたい」という人もいます。

つまり「嫉妬されたい」という人もいるのです。自分のことを「嫉妬深い」と気づいている人は「嫉妬されたい」という人を選んだほうが、後々に大きなストレスを抱えることはありません。

恋愛のときの嫉妬は「相手への不信感」から生まれてきます。

嫉妬深い人は、朝起きてから寝るまでずっと「自分の彼女は浮気するかも・・・俺は魅力がない男だし、彼女は浮気しそうな雰囲気あるし」と考えています。

そのため被害者意識が強くなり、一般的に考えれば「度が過ぎている束縛」も正当化します。

「これは彼女のためにしている。むしろ自分は被害者だ」と。

この状態に入っている場合は危険モードです。正直、相手に冷静になるように説得するか「徐々にフェードアウト」するのが得策です。

例えば30代や40代になっても異常に嫉妬深い人は、もうその人の性格です。10代や20代なら変わる可能性もありますが、30代以上になると性格が変わるとは考えにくいです。

そのためもし付き合っている彼氏や彼女が「異常に嫉妬深い人」だったら、その嫉妬の付き合うことができるかよく考えてから行動するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました