仕事の悩みで落ち込みやすい人【解消法】

毎日仕事をしていると、「はぁ仕事行きたくないなぁ…」と悩むときもありますよね。ちょっとした悩みなら誰しも持っていますが、本当に悩んでいる人は職場に行けなくなったり、真剣に仕事を辞めたい気持ちになる人もいます。

仕事は毎日続けないといけないので、一度悩んでしまうと「長期的な悩み」になり、ひいては「人生のなかでの大きな悩み」にもなります

ちょうど学生たちが「学校の世界がこの世のすべて」と勘違いするように、仕事での悩みがこの世のすべてと悩んでしまう人は多いです。

それでは具体的にどのような人が落ち込みやすく、どのような環境で悩んでしまうのか見ていきましょう。

仕事で悩み落ち込んでしまう人は多い

仕事で悩んでいる人は本当に多いです。人によって違いはありますが、ほとんどの人が仕事に関することで何らかの悩みを持っています。

ただそんな人のなかには「深刻に」悩んでしまうしまう人もいます。

悩みやすい人は次の3つのような人が多いです。

  • 真面目
  • 繊細
  • 大人しい

まず「真面目な人」は、すべてのことを「真正面から」受け止めてしまいます。仕事で同僚や取引先から「冗談」を言われたとしても「何でそんなことを言うんだろう」と真面目に受け止めて悩んでしまいます。

・関連記事:真面目すぎる人の特徴~シンプルにつまらない~【直し方】

「繊細な人」は、人の行動や言動に対して「深読みをしてしまう」ため仕事で悩むようになります。繊細なので、自分の悩み事が周りと共有されません。誰かに相談したところで「気にしすぎだよ」と一蹴されてしまいます。

最後の「大人しい人」は、何か不満があっても自分の意見を言うことができません。小さなストレスが溜まっていき、最終的には落ち込んでしまいます。大人しい人は仕事では周りに「軽く見られる」ので、正当な評価をされていると実感しにくいことも多いです。

仕事で悩んでしまう時5つ

現在仕事で悩んでいる人は、次のようなことで悩んでいる場合がほとんどです。すべて「ありきたりなこと」ですが、こういった基本的な悩みが一番やっかいなのです。

職場に友人がいない

仕事で悩むときに一番共通しているのが「職場に本当に信頼できる友人がいない」ということです。信頼できる友人がいると、職場での悩みを相談したり不満を解消することができます。

ただ仕事で悩んでいる人は「自分の悩みを共感してくれる人がいない」状況です。これは想像しているよりもつらいですよね。

人間誰しも、何歳になっても「誰かに共感してほしい」と思うのは当然です。自分が悩んでいるときに

「それ分かるわぁ、あの上司頭おかしい!」と言ってくれる仲の良い友人がいるだけで、随分心の持ちようが変わってきます。友人の数は多いほうが良いですが、周りに1人もいないとなれば「仕事の悩みで落ち込みやすい環境」であることは間違いありません。

自分のやりたい仕事じゃない

自分のやりたい仕事ができていない時も強烈なストレスになります。その仕事に就く前は「ある程度のことは我慢して頑張ろう!」と思うのですが、実際に仕事をしてみると想像以上にキツく、また自分のやりたい仕事とはかけ離れていることに気づきます。

そして「え?このままこの仕事ずっと定年まで続けんの?罰ゲームか何かですかこれ?」と考えるようになります。

20代から30代の人は、このように「やりたい仕事じゃない」と悩んでいる人は多いです。それは当然ですよね。残りの人生を考えた場合に、「長すぎる」のです。

現在30歳としても、定年の65歳まで「35年」もあります。途方もない年月ですよね。「この期間を本当に今のやりたくない仕事をしていていいのか?」と考えるのはごくごく当たり前のことです。

そのため「どうせなら少しぐらい給料が安くなっても自分の好きなことを仕事にしたい!」と思うようになります。

給料が安い・出世ができそうにない

まず「給料が安い」というのは今の時代は特に多いですよね。「正社員じゃない」人の場合は特に多いのではないでしょうか。派遣社員の場合だと、出世して大幅に給料が上がることもありません。

そのため「もっと給料が良い仕事に就きたい!」と切実に思うようになります。これは「仕事内容は好きだけど、給料が安過ぎる」場合もあります。

人気がある仕事の場合だと「応募する人が多い」ので、どうしても給料が安くなりがちです。そのため「夢のために給料は我慢する」という状態になります。いつまでも夢を追いかけられたらいいのですが、「いい年齢になる」と「この給料じゃ車も家も買えないし、結婚もできない・・・」と現実に気づくようになります。

さらに「出世ができない」というのも相当大きな悩みになります。現在、職場では「管理職の数を減らしている傾向」にあります。年功序列が良いとは言いませんが「年齢を重ねると自動的に役職に就ける」という時代ではありません。

そのため「ある一定の役職」までしか出世ができないことも多いです。この「出世の限界」に気づくのは40代ぐらいです。「40代」と聞いてあなたは「早い」と感じるでしょうか、それとも「遅い」と感じるでしょうか。

今まで仕事を一生懸命頑張ってきて、「どうやらこれ以上は出世できない」と自分で認識するのは「かなり落ち込み」ますよ。特に「良い仕事に就いた」人ほど強いかもしれません。

小さいころから勉強を頑張って良い大学に入り、良い会社に入ったものの「周りも優秀」なので、大きな組織・会社ほど「運」で出世が決まることが多いです。

そのため「こんなに頑張ってきたのに、最後の最後で正当な評価がされない」と落ち込むようにになります。

上司と合わない

サラリーマンの宿命ともいえるのが「上司との関係」です。相性の良い人が上司だったら仕事も順調にいくことが多いですよね。また仕事だけでなく「出世」においても自分と相性が良い上司がいると有利です。

上司に引っ張られて出世していくパターンが多いので、馬が合う上司がいると順風満帆なサラリーマンライフを送れる可能性もあります。

ただ世の中のサラリーマンの大半はそうではありません。

「全然馬が合わない上司」がいる場合のほうが多いのです。上司のほうが権限があり、言い返そうとしてもなかなか言える雰囲気ではありません。

上司と合わないと「この先もずっと」嫌いな上司の下で働くことになります。この関係を断ち切ろうとしたら「上司より出世するしかない」です。

ただ現実的に考えると、飛び級で上司よりも出世するのは「よほど優秀な人」です。なかなかそんな人はいないので、普通のサラリーマンの場合は、長いサラリーマン人生を「合わない上司」と共に過ごすことになり「悩んでしまう」ことになります。

・関連記事:モラハラ上司への対処法~録音は必須!冷静に追い詰める~

部下と合わない

最後は「部下と合わない」です。これは最近増加している悩みです。近頃は「パワハラ」という言葉が盛んにテレビや新聞で取り上げられています。そのため上司から部下に強く指導ができない時代なのです。

そして部下のなかにはそういった事情を悪用して「逆パワハラ」をしてくるのもいます。普通ならば上司のほうが権限を持っているので「叱責すればいい」のですが、仕事で悩みやすい人は「真面目で繊細で大人しい人」が多いので面と向かって部下に言えません。

部下も相手が反論してこないので、どんどん図々しくなってきます。この逆パワハラは最近出来始めた言葉なので、あまり世の中的にも伝わりにくいです。

「上司だったら自分の権限で部下を管理したらいい」と周りからは認識されています。そんな簡単じゃないのですが、周りからの理解も得られにくいのもつらいですよね。

もしかしたらパワハラ以上にキツイと感じる可能性があるのが「部下と合わない」悩みです。部下と合わない悩みは誰かに相談もしづらいです。

・関連記事:仕事の悩みで落ち込んでしまう時【解消法】

【解消法】仕事の悩みを吹き飛ばす!

それでは最後に仕事の悩みを吹き飛ばす解消法をご紹介します。同じ職場で「自分と同じような環境、いや自分よりも悪い環境にいる人」でも、そこまでストレスを感じていない人っていませんか?

そのような人は上手に仕事の悩みをを解消しています。

解消法は一つしかありません。

「切り替える」ことです。

仕事が終わると、「オンとオフを切り替える」ようにしましょう。仕事の悩みをいつまでも引きずるのが一番よくありません。

悩むのは最低でも「仕事中だけ」で十分です。

バチンとスイッチが入ったみたいにキレイに切り替えることができると、仕事とプライベートのめりはりがついて仕事もリフレッシュした状態で取り組めます。

また「仕事だけが人生じゃない」ので、気持ちを切り替えてプライベートを充実させることは非常に大切です。

タイトルとURLをコピーしました